子供の名前決め方 子供の名前付け方 子供の名前姓名判断

あなたのお子様に、姓名判断を使った一生涯運気の良い名前を作って差し上げます!

このブログは、子供の名前作成の専門家&姓名判断の専門家、飛鳥宗佑が書いてるブログです。飛鳥宗佑はあなたのお子様に、一生涯運気の良い名前を作ることができます。

一生涯幸運気が続く名前とは?

こんにちは!子供の名前作成専門家&姓名判断の専門家@飛鳥宗佑です(^^♪

f:id:businessname:20190417110911j:plain

ブログにお越し頂き、ありがとうございます。一生涯幸運気が続くお子様の命名なら、私飛鳥宗佑にお任せ下さい!!「命名が上手くできない」を解決し、あなたのお子様に一生涯幸運気が続くお名前を命名致します。

 

一生涯幸運気が続く名前とは?

さて、ブログをお読み頂いている方からこんな質問を頂きました!「名前に幸運気ってあるんですか?」と。たしかに、最近の姓名判断は画数しか見てなくて「幸運気」に関しては、ほとんど無視されています。

幸運気とは、名前には10代から80代まで各世代の運気という大きな運気があります。この大きな運気で吉の時期が「幸運気」であります。つまり、一生涯幸運気が続く名前とは、10代から80代までの各世代の運気が全て吉であるという事です。

幸運気が一生続く名前には、発展性があり、大きなことを成し遂げる力を持っています。お子様には是非そんな名前を付けてあげたいですよね。

 

実際に幸運気が一生続く名前

では、実際に幸運気が一生続く名前とはどんな名前なんでしょうか?ご紹介いたします。

飛鳥宗佑(あすかそうすけ)

例えが、自分で申し訳ありませんが、一番例えやすいので私の名前にしてみました。私の各世代の運気をみてみると、こうなっています。

0~18歳
19歳~26歳(10代)◎◎
27歳~32歳(20代)◎◎
33歳~43歳(30代)◎◎
44歳~54歳(40代)☆☆☆
55歳~63歳(50代)◎◎
64歳~77歳(60代)◎◎
78歳~79歳(70代)◎◎
80歳以降(80代)◎◎

 

記号の意味
★★★:特大吉、☆☆☆:大吉、◎◎:中吉、◎:吉、〇:小吉 〇△:半吉半凶、✕:凶、✕✕:中凶、✕✕✕:大凶

見て下さい。全ての世代の運気が、中吉以上になっています。一番良いのは44歳~54歳で、大吉。このあいだに一番大きなことを成し遂げそうです。

こんな感じで、名前には10代から80代まで、各世代の運気があるのです。最近の姓名判断は若年期(0~20歳)・青年期(20歳~60歳)・老年期(60歳以降)のように、大雑把な運気しか割り出せませんが、私の姓名判断では、詳細に各世代の運気を割り出せるのです。しかも、「30代は主に仕事」「40代は主に結婚」のように、どんなことが各世代で起こりうるのか(象意)も詳細に割り出すこともできます。こんな姓名判断今までなかったですよね!でも、私飛鳥宗佑には割り出せるのです。

子供の名前 命名

お子様の命名はプロにお任せ下さい。

お子様には、是非とも一生涯幸運気の続く名前をつけてあげたいですよね!なので、きちんと技術のある姓名判断師のもとで名付けを行って下さい。ネットの無料姓名判断サイトをあてにせず、きちんと腕のある専門家を探してください。どうしても、見つからない場合は、私飛鳥宗佑にお任せ下さい。一生涯幸運気の続く、素敵な名前をお作り致します。

赤ちゃんの命名・名付け依頼 - 占い屋ホシゾラ

 

その他おススメの記事

◆この記事を書いた人

飛鳥宗佑

占い屋ホシゾラ代表:飛鳥宗佑(あすかそうすけ)
1981年生まれ(37歳)2人の子を持つ父親。日々「良い名前」を求め、お子様や赤ちゃんの命名の他に、ビジネスネーム、屋号名や社名の作成も行っています。占術:姓名判断、四柱推命、九星気学、擇日

 

赤ちゃんの命名・名付け依頼の申し込みはこちらから!

サービスに関するお問い合わせはこちらから!

子供の名前は、生まれてから決めるのが正しい命名です。

子供の名前 命名

子供の名前を決めるのって、けっこう悩みますよね。だから、生まれる前から色々と候補を用意すると思うのですが、実は、子供の名前は「生まれてから作る」が正しい命名の仕方です。

 

理由その1

子供の名前に姓名判断を使う場合、生年月日が確定してからじゃないと、本当の意味で吉となる画数を割り出せないので、これがまず生まれてから名前を作った方がいい理由の一つです。厳密にいうと、四柱推命という占術を使い、本当の意味で吉となる画数を割り出します。プロが教える、姓名判断を使った子供の名前の作り方 - 飛鳥宗佑の子供の名前の作り方を教えるブログ

 

理由その2

あと、予定日が仮に月の頭や後半だった場合、実際に生まれる月が変わる場合があります。例えば、予定日が5月3日の場合、ズレて4月30日なったりします。この場合、生年月日が変わると名前の吉凶も変わりますので吉名と思って用意していた名前が凶名になる場合があります。やはり生まれてから名前を決めた方が良いのです。

 

理由その3

生まれる前に名前を決めてしまうと、名前の運勢が独り歩きするため宜しくありません。以前こんな方がいました。生まれる前に名前を決めていたのですが、とある日赤ちゃんが夢に出てきて「この名前はやめて!!」と言ったそうです。「どうしたらいいでしょう?」と相談を受け、姓名判断したところ凶名でしたし、音が良くないので、「確かにこの名前に決めないほうが良いです。生まれて赤ちゃんの顔をみてからでも十分間に合うので、生まれて決めるのが一番です」というアドバイスをしました。赤ちゃんが夢に出てきて直談判するくらいですからね!!赤ちゃんはおなかの中からちゃんと見てますよ~(^^♪

 

以上の3つの理由から、子供の名前は生まれてから決めのがベストです。

 

最後に

生まれて泣いている赤ちゃんの顔や、母親が母乳を与えている姿を見たり、父親が慣れない手つきであやしているのをみてふと「こんな名前はどうだろう?」と閃く場合もあります。あとは、実際に生まれてからの方が気持ちが入ってきますので、生まれる前と後では考え方も変わる事でしょう。その時の気持ちを、精一杯名前に反映させれば良いと思います。生まれてから出生届を出すまでに、14日間336時間あるわけですから、焦らずゆっくりお子様の名前を考えると良いと思います。最後に、究極の命名法を伝授いたします。愛情から湧くインスピレーションに勝るものはナシ」まずは姓名判断云々よりも、愛情をもってお子様の名前を考えましょう。

 

もしも、姓名判断を使った運の良いお子様の命名を希望であるとか、命名が上手くできず悩んでいますとか、忙しくて中々考える暇がありませんというお悩みを抱えているのであれば、飛鳥宗佑が姓名判断を使った運の良いお子様の名前をお作り致します。まずは、お問い合わせでも構いませんし、ご依頼でも構いません。ご相談下さい(^^♪

 

赤ちゃんの命名・名付け依頼 - 占い屋ホシゾラ

 

その他おススメの記事


◆この記事を書いた人

飛鳥宗佑

占い屋ホシゾラ代表:飛鳥宗佑(あすかそうすけ)
1981年生まれ(37歳)2人の子を持つ父親。日々「良い名前」を求め、お子様や赤ちゃんの命名の他に、ビジネスネーム、屋号名や社名の作成も行っています。占術:姓名判断、四柱推命、九星気学、擇日

 

赤ちゃんの命名・名付け依頼の申し込みはこちらから!

サービスに関するお問い合わせはこちらから!

プロが教える、姓名判断を使った子供の名前の作り方

子供の名前 姓名判断

姓名判断のプロは、こんな感じで子供の名前を作ります。一部ではありますが、ご紹介したいと思います。

 

1:四柱推命で生年月日から、喜神・忌神を割り出す。

まず、お子様の生年月日、生まれた時間、生まれた場所を使い、正確な四柱を割り出します。例えば、2019年5月12日AM4時東京都生まれの女児の場合はこうなります。

年柱:己亥
月柱:己巳 (丙)
日柱:己酉
時柱:丙寅

次いで、五行の強弱を割り出し、格局を決め、喜神・忌神を割り出します。上記の例だと・・・

比肩・劫財 土:3干0支(3点)
食神・傷官 金:0干1支(0点)
正財・偏財 水:0干0支(0点)
正官・偏官 木:0干1支(0点)
印綬・偏印 火:1干1支 月令(3点)

土の五行と、火の五行が3点と同じですが、根があり月令なので、火の五行の方が強いとみて、この場合格局を従強格(じゅうきょうかく)と判断します。従強格は、印綬・偏印、比肩・劫財が喜神、その他の通変星が忌神になります。上記の例の場合・・・

喜神の五行:土、火
忌神の五行:金、水、木

となります。喜神(きしん)とは、自分に良い影響を与える五行のことで、財運や社会運、知性運などが上がります。忌神(ぎしん)とは、自分に悪い影響を与える五行のことで、財運の低下や、やる気の低下を招きます。

 

2:喜神の五行に対応した画数を割り出します。

なんの五行が喜神か割り出したら、次は喜神の五行に対応した画数を割り出します。画数の五行は、末尾で判断します。

末尾1・2:五行は木(1,2,11,12,21,22,31,32,41,42・・・)
末尾3・4:五行は火(3,4,13,14,23,24,33,34,43,44・・・)
末尾5・6:五行は土(5,6,15,16,25,26,35,36,45,46・・・)
末尾7・8:五行は金(7,8,17,18,27,28,37,38,47,48・・・)
末尾9・0:五行は水(9,10,19,20,29,30,39,40,49,50・・・)

例えば、先の例だと土と火の五行が喜神なので末尾が3・4・5・6の画数を使います。13画とか、24画とか。この場合通常の姓名判断だと26画は凶数となっていますが、喜神の五行に対応していますので、例の生年月日だと使える画数になります。

 

3:苗字と相性の良い音を割り出します。 

次に、苗字から相性の良い音を割り出します。例えば、苗字が「鈴木(すずき)」の場合、「あ」「は」「ふ」「う」「や」「さ」「ゆ」から始まる名前が良いと出ます。なので、女の子の場合だったら「鈴木はるな」とか「鈴木さくら」、男の子の場合だったら「鈴木あきら」とか「鈴木ゆうた」というふうに決まて行きます。音が決まったなら、次は漢字を当てはめていきます。

 

4:喜神の五行に対応した画数を使い、名前を仕上げる

最後に、漢字を当てはめていきます。例に出てきた生年月日の場合、末尾が3・4・5・6の画数を使えば良いので、「鈴木春奈:総格34画」「鈴木春香:総格35画」「鈴木さくら:総格24画」などが考えられます。ただ、この場合総格だけ喜神の五行に対応した画数を使えば良いという訳ではないので、気を付けましょう。

 

まだまだ工程数はありますが、おおよそ7割は公開できたと思います。これが「プロが教える、姓名判断を使った子供の名前の作り方」です。※一部公開ですが。ネットにある無料姓名判断サイトの「数字遊び」「画数合わせ」で暇をつぶしてないで、真に運の良い姓名判断を使ったお子様の命名を望むのなら、プロを頼るべきと私は思います。

 

赤ちゃんの命名・名付け依頼 - 占い屋ホシゾラ

 

その他おススメの記事

 

 

◆この記事を書いた人

飛鳥宗佑

占い屋ホシゾラ代表:飛鳥宗佑(あすかそうすけ)
1981年生まれ(37歳)2人の子を持つ父親。日々「良い名前」を求め、お子様や赤ちゃんの命名の他に、ビジネスネーム、屋号名や社名の作成も行っています。占術:姓名判断、四柱推命、九星気学、擇日

 

赤ちゃんの命名・名付け依頼の申し込みはこちらから!

サービスに関するお問い合わせはこちらから!

子供が超低体重児で生まれてきました。

超低体重児

名前によって、救える命があるかもしれません。もし、あなたのお子様が超低体重児で生まれ、医療にも見放され困り果てていたのなら、占い屋ホシゾラの姓名判断がその小さな命を救えるかもしれません。姓名判断で?と思われがちかもしれませんが、苗字に合わせた「音」、健康運を上げる運命数・音、生年月日に合わせた名前を使うことで命が救われた例もあります。

 

体重1,250gで生まれたけど、名前が良いことで助かる。

これは、占い屋ホシゾラのお客様から聞いたお話ですが、とあるAさんは、生まれたとき体重が1,250gしかなく、超低体重児でした。医者からは「長く持たない」と言われたらしく、父親は絶望感をいだいたとか。しかし、あきらめるわけにはいかず「〇〇という字を使えば絶対大丈夫だ!」という強い信念のもと、名づけをしました。すると、父親の期待通りAさんはすくすく育ち、無事大きく成長したとか。あとでその名前を姓名判断したところ、しっかりと健康運のある名前だったので、私はAさんに「名前と、父親の信念のお陰ですね!」と伝えました。

 

難病で生まれた子供が、奇跡の名前で瀕死の状態から生き返る

これは、私の姓名判断の師匠より受け継いだお話です。昔、とある若い夫婦がいました。どうやら子供が欲しいと望んでいたその夫婦に、待望の赤ちゃんが生まれた様子。 しかし、その夫婦は待望の赤ちゃんの誕生にもかかわらず、表情がさえません。というのも、生まれた赤ちゃんは、何万人に1人という超難病を患わって生まれてきたからです。

病弱の赤ちゃんは弱々しく、生まれてすぐ別室に移され治療が続く日々。夫婦は、当然赤ちゃんが無事に育ってくれることを祈るばかりですが、医者からは超難病なうえ、前例がないので「有効な手立てが無い」と言われる始末。そんな中、どうにか良い手立てはないかと夫婦はあちこちを走り回ります。

と、そこでたどり着いたのが、私の師匠の師匠のもとでした。当時その師匠の師匠Yは、姓名判断師として名をはせていて、わらにもすがる思いで、Yに助けて下さいと依頼に来たのです。そしてYが赤ちゃんの名前を見るなり「劫が重すぎる」「殺してしまった方が良い」と言う始末。※劫とは悪因縁の事です。しかし、なんとかして下さいと助けを求める夫婦。仕方なくYは「この名前を使えば助かる」と良い名前を作ったのでした。

だが、ここで問題が1つあり、赤ちゃんは誕生から既に2週間が経過していて、 出生届けは既に受理されていたのです。なので今更名前を変える事はできません。しかし、父親は諦めきれずというか、名前を変える事に光を見い出したのか「この名前にすれば助かるんだ―」という思いで役所の人を説得して、どうにか受理された名前を変える事が出来たのでした。そして、いざ赤ちゃんの前でその名前を呼んだところ、目が開き 瀕死の状態から復活したのでした。そして、みるみる元気になり無事退院できたのでした。

 

他にはない、音・画数・生年月日・数霊術を使った斬新な姓名判断

こんな感じで、名前というか姓名判断で救われた命があります。通常姓名判断と言えば「画数」を重視しがちですが、私の姓名判断は、音の運勢「音数(おんすう)」と画数、生年月日を使うので、こんな不思議なパワーがあるのです。

もし、あなたのお子様が超低体重児として生まれ、医者にも見放され、どうしようもないとき、最後の手段として占い屋ホシゾラで名づけを行うことはどうだろうか?お任せいただければ、健康運のある最高に運の良いお名前をお作り致します。

赤ちゃんの命名・名付け依頼 - 占い屋ホシゾラ

 

その他おススメの記事


 

◆この記事を書いた人

飛鳥宗佑

占い屋ホシゾラ代表:飛鳥宗佑(あすかそうすけ)
1981年生まれ(37歳)2人の子を持つ父親。日々「良い名前」を求め、お子様や赤ちゃんの命名の他に、ビジネスネーム、屋号名や社名の作成も行っています。占術:姓名判断、四柱推命、九星気学、擇日

 

赤ちゃんの命名・名付け依頼の申し込みはこちらから!

サービスに関するお問い合わせはこちらから!

赤ちゃんの名前診断を無料で行っています 

赤ちゃんの命名名付け依頼には、どんな人が申し込んでる?

命名 依頼

赤ちゃんの命名依頼を申し込みする人っているんだろうか?ちょっと気になりますよね?実際は、依頼はあるのですが、では、赤ちゃんの命名名付け依頼には、どんな方々が申し込みをしてるのか?ちょっと見てみたいと思います。

 

主に二人目のお子様の命名依頼が多いです

一人目で色々経験したし、二人目は誰かに頼んでみようかと思うのでしょうか?今のところ、占い屋ホシゾラにくる命名依頼は、100%二人目の命名依頼です。 まだ一人目の命名依頼は受けたことがないですね。また、一人目が姓名判断であまり良くなかったので、「二人目こそは」という思いもあるそうです。

 

ご主人様が依頼?奥様が依頼?

こちらは半々です。ご主人様が占いに興味がありというパターンもありますし、奥様が姓名判断にこだわっていてというパターンもあります。

 

親御さんの年代は?

申し込みされる方は、主に20代後半から40代前後の方が多いです。まぁだいたいこのくらいの年代の方が出産しますので、妥当な数字かと思います。

 

命名後の感想
★自分達で考えた名前の候補があったのでまずそちらを鑑定していただき、こうするとより良い名前になるということもアドバイスしていただけたのでとても参考になりました。また、こちらの質問に対しても分かりやすく親切・丁寧な回答を速やかにしていただけました。なので出生後14日以内という出生届の提出にも十分間に合うことができました。様々なパターンの命名を作成していただき、それらの命名に至った経緯も詳しく説明していただけたのでとても信頼できる内容であったと感じています。 そして一方的な押し付けではなく、こちらの希望も汲み取って命名作成していただくことができました。ネットで知り、メールでやり取りするので依頼してみたものの、始めは大丈夫かな?怪しい人だったらどうしよう...など正直不安はありました。しかし、鑑定料金の件に関してもそうですしメールをやり取りするなかで、飛鳥様の対応にとても誠実さを感じたので信頼・安心することができました。今回の命名は第二子のものだったのですが、飛鳥様のことを知っていれば第一子のときも依頼したかったなと思いました。(2016年8月生まれ女児・A様)

 

★娘の今後の人生が名前によって素晴らしいものとなるように精一杯命名案を考えてきたつもりでしたが、今ひとつ自信が持てず本当にこの名前で良いのだろうか、気に入ってくれるだろうかなどあれこれ迷いがございましたが、今回貴サイトに出会い、ホームページに記載されていた飛鳥様の命名に対する思いに共感し、ここであれば良い名前が決められるのではないかと依頼させていただきましたが、実際納得のいく命名ができたと考えております。他のサイトにあるような一方的な命名案を提供して終わりということではなく、両親の思いや意見を第一に考え名前に反映していただけるところに信頼感を感じました。あれもダメこれもダメと縛りが多いと納得のいく名前にならないと思いますが、我々両親の思いを取り入れていただき納得のいく名前に決められたと思います。提案していただいた名前全てが良い名前で1つに絞るのがもったいなかったです。(2017年1月生まれ女児・S様)

 

赤ちゃんの命名・名付け依頼 - 占い屋ホシゾラ

 

その他おススメの記事


 

◆この記事を書いた人

飛鳥宗佑

占い屋ホシゾラ代表:飛鳥宗佑(あすかそうすけ)
1981年生まれ(37歳)2人の子を持つ父親。日々「良い名前」を求め、お子様や赤ちゃんの命名の他に、ビジネスネーム、屋号名や社名の作成も行っています。占術:姓名判断、四柱推命、九星気学、擇日

 

赤ちゃんの命名・名付け依頼の申し込みはこちらから!

サービスに関するお問い合わせはこちらから!

赤ちゃんの名前診断を無料で行っています 

子供の名前に姓名判断を使う場合は、生まれてから作る。

子供の名前 姓名判断

実はあまり知られていませんが、子供の名前に姓名判断を使う場合、気を付けなければいけないことがあります。それは、生まれた月により運勢が変わるので、生まれてから名前を決定することです。

 

例えば、ここに佐藤梨奈(仮名)という名前があったとします。この名前を2019年1月生まれの子供に付ける場合と、2019年2月生まれの子供に付ける場合とでは、吉凶が変わります。素人判断で無料姓名判断サイトを使い「画数が良いから、大丈夫だ」勝手に判断するのは危険です。たまたま良い名前ができれば良いのですが、でも素人が姓名判断を使いこなすのは、無理があります。

 

仮に予定日が1月31日だとしましょう。そして、梨江という大吉の名前を用意していたとしましょう。しかし、予定日より遅れて2月1日生まれたのでは、総合的な運勢が変わります。ひどいときは、大吉から大凶へと変わる場合もあります。こんなことがあるので、子供の名前に姓名判断を使う場合は、生まれてから決めるのが良いのです。

 

さらに、生まれてから子供の名前を作るメリットはこんな理由もあります。きちんと生まれた時間も分かっていれば、「この子には何画が合う」とか「何画は合わないから避けよう」という選択ができます。なんでもかんでも24画とか31画を使えばいいというわけではないのです。

 

では、解決策は?簡単です。専門家に作ってもらうのです。専門家であれば「この子は〇〇年〇〇月生まれだから、この運命数が一番良い」とか「この子は〇〇年〇〇月〇〇日〇〇時生まれだから、この画数が合う」というのを瞬時に割り出すことができます。

 

子供の名前は、生まれてから14日以内に役所に申請しなければいけません。しかし、出産直後で特に母親は体力的にきついでしょうし、旦那様も何かと仕事で忙しいことでしょう。いちいち姓名判断のことなど考えていられないと思います。そんな時は、専門家に頼んでしまえばすぐに解決されます。

 

以上の理由から、子供の名前に姓名判断を使う場合は、生まれてから、専門家に作ってもらうのが良いのです。

 

もし、姓名判断の専門家を探してみたがあまりピンと来る先生が見つからない場合は、占い屋ホシゾラ(飛鳥宗佑が運営しいるウェブサイト)では「赤ちゃんの命名・名付け依頼」というサービスがあります。こちらでも本格的な姓名判断を使った子供の名前を作れますので、興味がありましたら価格などサービスの詳細が書かれているページがございますので、ご覧ください。 

赤ちゃんの命名・名付け依頼 - 占い屋ホシゾラ

 

 その他おススメの記事


 

◆この記事を書いた人

飛鳥宗佑

占い屋ホシゾラ代表:飛鳥宗佑(あすかそうすけ)
1981年生まれ(37歳)2人の子を持つ父親。日々「良い名前」を求め、お子様や赤ちゃんの命名の他に、ビジネスネーム、屋号名や社名の作成も行っています。占術:姓名判断、四柱推命、九星気学、擇日

 

赤ちゃんの命名・名付け依頼の申し込みはこちらから!

サービスに関するお問い合わせはこちらから!

赤ちゃんの名前診断を無料で行っています 

病弱の子供が生まれたら?

子供 病弱

子供が、先天的な病気をかかえて生まれてきた。子供が病弱である。親としてはなんとかしてあげたいですよね。そんなとき、色々な治療法や、科学的なアプローチもあると思いますが、健康運の良い名前を付けてあげることも一つの手ではないでしょうか?

 

最近では、生まれてる前の段階で「肝臓に疾患がある」とか、「心臓に疾患がある」とか分かるようになりました。このままでは、子供は病弱体質で生まれてくる。もし、生まれてくる前の段階で分かっているのなら、健康運の良い名前を付けてあげる(用意する)ことで少しでも良い方向へいく可能性が高まります。では、名前で健康運を上げることができるのか?

 

名前で健康運を上げるには、音を選ぶ

名前って字画も大切ですが、呼ばれるので「音」も大切なのです。音にも「この音を使えば発展運が得られる」とか「この音を使えば芸術運が上がる」とかあるのです。それと同様に、健康運を上げる音がありまして、名前の最初の音をか行・ま行にすることで、健康運が上がります。健康運があがると、生命力が増し、病気にかかりにくく、抵抗力がつくようになります。

 

運命数を選ぶ

ついで、基本運命数(画数と音を足した運命数)を良い運命数にすると、健康運がさらに良くなります。特に、基本運命数8,3,5は健康運が良いので、基本運命数8,3,5になるような名前を子供につけてあげると良いです。ちなみにですが、私の息子は基本運命数が8です。今年(2019年1月~2月)インフルエンザが流行っていますが、元気に外で遊んでいます。

 

以上のように、音と運命数を選ぶことで、健康運が良い名前を子供に付けてあげることが可能となります。ただ、素人判断では姓名判断を扱うのはなかなか難しいところがありますので、専門家に相談しながら健康運のある名前を作ったほうが良いと思います。姓名判断のプロならば、名前の見た目もよく、生年月日をみながら「合う画数」を割り出し、健康運の上がる音・運命数を作成することが可能です。信頼できる先生を探しましょう。

 

もし、探してみたがあまりピンと来る先生が見つからない場合は、占い屋ホシゾラ(飛鳥宗佑が運営しいるウェブサイト)では「赤ちゃんの命名・名付け依頼」というサービスがあります。こちらでも本格的な姓名判断を使った健康運の上がるお子様の名前を作れますので、興味がありましたら価格などサービスの詳細が書かれているページがございますので、ご覧ください。 

赤ちゃんの命名・名付け依頼 - 占い屋ホシゾラ

 

 その他おススメの記事


 

◆この記事を書いた人

飛鳥宗佑

占い屋ホシゾラ代表:飛鳥宗佑(あすかそうすけ)
1981年生まれ(37歳)2人の子を持つ父親。日々「良い名前」を求め、お子様や赤ちゃんの命名の他に、ビジネスネーム、屋号名や社名の作成も行っています。占術:姓名判断、四柱推命、九星気学、擇日

 

赤ちゃんの命名・名付け依頼の申し込みはこちらから!

サービスに関するお問い合わせはこちらから!

赤ちゃんの名前診断を無料で行っています