子供の名前決め方 子供の名前付け方 子供の名前姓名判断

あなたのお子様に、姓名判断を使った一生涯運気の良い名前を作って差し上げます!

このブログは、子供の名前作成の専門家&姓名判断の専門家、飛鳥宗佑が書いてるブログです。飛鳥宗佑はあなたのお子様に、一生涯運気の良い名前を作ることができます。

子供の名前の作り方音編

子供の名前の作り方音編

子供の名前を作るとき、気にするべきは・・・

1:数霊(すうれい)
2:言霊(ことだま)
3:字義(じぎ)

です。

 

数霊は、運勢に与える影響力が最も強く、プライベート運や社会運をいかに吉の数霊にするのかがカギとなります。次いで今回取り上げる言霊についてですが、音にも五行がありこのように分類されます。

 

あ・は行(五行は木):発展運、創造運
か・ま行(五行は火):活力運、健康運
さ・や行(五行は土):才能運、人気運
た・ら行(五行は金):精神運、芸術運
な・わ行(五行は水):家庭運、商売運

 

例えば、あ行の音を使えば、発展・才能運が得られると捉え、や行の音を使えば、才能・人気運が得られると捉えます。実際に子供の名前を作るときは、名前の最初の音が一番重要と捉え、そこに一番ほしい運の音を使います。

仮に、子供には芸術方面で活躍してほしいと願うなら「た・ら行」の音を名前の一番最初の音に使います。男の子なら「たくや」「つばさ」「ともき」とか、女の子なら「たかこ」「りえ」「ちえ」の様に使います。

仮に、人気運を持たせたいと思うなら、さ・や行を名前の一番最初に使うと良いです。

 

そして、名前全体として木・火・土・金・水のうち3つは入れるようにしたほうがバランスよく、色々な運気を持った名前ができあがります。

例えば私飛鳥宗佑(あすかそうすけ)をみてみると、あ行・か行・さ行の音ががあるので、発展運・創造運・活力運・健康運・人気運・才能運を持った名前となります。そのうち名前の一番最初の音は「そ」ですので、人気運・才能運が一番顕著であるというふうに見るのです。仮に「ナガサワリエコ」という名前であれば、全ての五行の音がありますので、音のバランスがとても良いと捉えます。

逆に、木・火・土・金・水のうち2つしかないと少し音のバランスが悪いと捉えます。例えば「いまいみき」という音は、木と火の五行しかないので、少し音のバランスが悪いというふうに捉えます。

ただ、音とのバランスが悪いと言えど最終的な吉凶は数霊で出ますので、凶の名前というふうには捉えません。ただ、せっかくなので音のバランスは良くした方が、より良い名前となりますので、少し音のことも気にしましょう。

 

その他おススメの記事

運勢を弱くする名前の読み、音とは? - 占い屋ホシゾラ

子供の名前に姓名判断を使う前に - 子供の名前の作り方を教えるブログ

 

 

★赤ちゃんの命名・名付け依頼の申し込みはこちらから!

 

 

◆この記事を書いた人

飛鳥宗佑

占い屋ホシゾラ代表:飛鳥宗佑(あすかそうすけ)
1981年生まれ(37歳)2人の子を持つ父親。日々「良い名前無いかなぁ」を求め、お子様や赤ちゃんの命名の他に、ビジネスネーム、屋号名や社名の作成も行っています。占術:姓名判断、四柱推命、九星気学、擇日

 

赤ちゃんの命名・名付け依頼の申し込みはこちらから!

サービスに関するお問い合わせはこちらから!

赤ちゃんの名前診断を無料で行っています