子供の名前決め方 子供の名前付け方 子供の名前姓名判断

飛鳥宗佑の子供の名前の作り方を教えるブログ

このブログは、子供の名前作成の専門家&姓名判断の専門家、飛鳥宗佑が書いてるブログです。あなたの「子供の名前が上手くできない」を解決するヒントが沢山このブログにはあります。

飛鳥宗佑の命名に対する思い

飛鳥宗佑の命名に対する思い

生まれたばかりの子供、かけがえのない命です。お陰様で占い屋ホシゾラ(飛鳥宗佑が運営していウェブサイト)にもビジネスネーム作成以外に赤ちゃんの命名依頼もあります。一言でいえば「あなたの子供の名前が上手くつくれない」と「姓名判断的に良い名前が付けれない」を解決するのですが、時々、「姓名判断の腕に自信はあるが、自分が名付けっていう大切なものに関わっていいんだろうか?」と思うこともある。

 

画数が一画違えば大凶とも大吉ともなりえるし、音が一つズレただけでも吉凶が変わる。四柱推命できちんと命式を割り出し、吉の五行はなにか?凶の五行をはなにか?を正しく割り出さなければいけない。正確さが求めらる作業なので、間違えられない。だからこそ、命名の依頼があったときにはまず、神社で「この度は命名の仕事を頂き、ありがとうございます」と参拝をしてから「良い名前が無事できますように」と祈りを捧げている。

 

不思議なもので、神社で参拝をすると「よし!やるぞ!!」って気になるんですよね。「この世に生まれたばかりの子供に一番いいサイコーの名前を作ろう!!」ってなんだかワクワクしてきます。そして、依頼者様の思いを最大限形にできる、良い名前を作ろうと思うわけです。また、神社でお参りしたあとに名前を作ると、普段はなかなか思いつかないような良い名前ができます。不思議なものです。

 

姓名判断的に、良い名前を作るのは簡単です。ただ、気を付けなければいけないのは、姓名判断も技にこだわりすぎると、「単なる数字合わせ、画数合わせ」になってしまいます。それじゃあ味気ないですよね。せっかく生まれたばかりの子供に名前を付けるわけですから、単なる数字合わせ、画数合わせではなく、意味のある願いがこもった名前を付けるように飛鳥宗佑はこだわっています。それを表現するのに、音や使う字にこだわったりしています。例えば「玲」という字には、「玉や金属がふれあって鳴る美しい音」、「すきとおるように美しいさま」「 さえてあざやかなさま」という意味がありますので、女の子にはできれば使いたい字ですね。

 

私飛鳥宗佑は、子供の名前作成の専門家、姓名判断の専門家と謳っていますが、変にプライドの高い先生のような態度はとりたくないのです。「姓名判断の専門家が作ったんだからこの名前を使いなさい」のような押し付けはしたくありません。それよりも、依頼者の方と目線を合わせ、マラソンコーチのような隣で並んで走るパートナーのような存在でありたいのです。「こんな名前もありますよね!だったらこんな字もありますよー」とか「この字とこの字どちらがいいでしょうか?だったらこの字が良いですし、音はこう呼んだ方が運勢が良いですね!」のように、ともに良い名前を作り上げるというスタンスでいたいのです。

 

私飛鳥宗佑は、こんな思いで命名に携わっています。

 

 

★赤ちゃんの命名・名付け依頼の申し込みはこちらから!

 

 

◆この記事を書いた人

飛鳥宗佑

占い屋ホシゾラ代表:飛鳥宗佑(あすかそうすけ)
1981年生まれ(37歳)2人の子を持つ父親。日々「良い名前」を求め、お子様や赤ちゃんの命名の他に、ビジネスネーム、屋号名や社名の作成も行っています。占術:姓名判断、四柱推命、九星気学、擇日

 

赤ちゃんの命名・名付け依頼の申し込みはこちらから!

サービスに関するお問い合わせはこちらから!

赤ちゃんの名前診断を無料で行っています