子供の名前決め方 子供の名前付け方 子供の名前姓名判断

飛鳥宗佑の子供の名前の作り方を教えるブログ

このブログは、子供の名前作成の専門家&姓名判断の専門家、飛鳥宗佑が書いてるブログです。あなたの「子供の名前が上手くできない」を解決するヒントが沢山このブログにはあります。

子供の名前は親と相性を良くすることができます。

子供の名前 相性

お子様の名前うまく出来ていますか?子供の名前ですが、実は音により親と相性をよくすることができます。ひらがな姓名判断を使うことで、意図的に親と子の相性をよくできるのです。ということで、今回はひらがな姓名判断で、親と子の相性をよくする方法を伝授いたします。

 

ひらがな姓名判断の使い方

 音にも五行(木・火・土・金・水)があると捉えます。分類するとこうなります。

 

子供の名前 相性

名前の相性をみる場合、名前の最初の音で見ていきます。例えば私飛鳥宗佑(あすかそうすけ)の場合「そ」で見ます。この最初の音を縦と横で見ていき、隣同士の音(五行)が相性の良い音(五行)となります。

例えば、自分の名前が「みちこ」だとします。この場合「み」を基準に考えるのですが、縦と横で隣同士が相性の良い音(五行)です。なので、「み」にとって相性の良い音(五行)は、「ま」「か」「さ」「や」「は」「あ」「う」「ふ」「く」「む」「す」「ゆ」となります。あと、同じ音(母音)で隣同士(縦)も含みますので、「い」「ひ」「き」「み」「し」も相性が良い音です。

この場合、「みちこ」にとって相性の良い名前は、先ほど挙げた音から始まる名前なので、子供の名前を「まき」とか「やすひろ」とか「ゆみこ」とか「いちろう」とすれば、子供と相性が良くなります。

自分の名前が「れいこ」の場合、相性が良い音(五行)は、縦と横で隣同士なので、「ぬ」「る」「つ」「ゆ」「す」「の」「ろ」「と」「よ」「そ」です。なので、子供の名前を「ゆきお」とか「ともこ」とか「のりこ」とか「そういち」とすれば、子供との相性が良くなります。

 

以上のように、子供の名前の音を、どの音から始めるかにより、親との相性を良くできるのです。今回は少し「五行」という言葉が出たりして専門的で難しい内容だったかもしれませんが、もし自分にとって相性の良い音を知りたい場合は、お問い合わせ下さい。無料にてお答致します^^お問い合わせ

 

その他おススメの記事


 

◆この記事を書いた人

飛鳥宗佑

占い屋ホシゾラ代表:飛鳥宗佑(あすかそうすけ)
1981年生まれ(37歳)2人の子を持つ父親。日々「良い名前」を求め、お子様や赤ちゃんの命名の他に、ビジネスネーム、屋号名や社名の作成も行っています。占術:姓名判断、四柱推命、九星気学、擇日

 

赤ちゃんの命名・名付け依頼の申し込みはこちらから!

サービスに関するお問い合わせはこちらから!

赤ちゃんの名前診断を無料で行っています