子供の名前決め方 子供の名前付け方 子供の名前姓名判断

あなたのお子様に、姓名判断を使った一生涯運気の良い名前を作って差し上げます!

このブログは、子供の名前作成の専門家&姓名判断の専門家、飛鳥宗佑が書いてるブログです。飛鳥宗佑はあなたのお子様に、一生涯運気の良い名前を作ることができます。

子供の名前は、生まれてから決めるのが正しい命名です。

子供の名前 命名

子供の名前を決めるのって、けっこう悩みますよね。だから、生まれる前から色々と候補を用意すると思うのですが、実は、子供の名前は「生まれてから作る」が正しい命名の仕方です。

 

理由その1

子供の名前に姓名判断を使う場合、生年月日が確定してからじゃないと、本当の意味で吉となる画数を割り出せないので、これがまず生まれてから名前を作った方がいい理由の一つです。厳密にいうと、四柱推命という占術を使い、本当の意味で吉となる画数を割り出します。プロが教える、姓名判断を使った子供の名前の作り方 - 飛鳥宗佑の子供の名前の作り方を教えるブログ

 

理由その2

あと、予定日が仮に月の頭や後半だった場合、実際に生まれる月が変わる場合があります。例えば、予定日が5月3日の場合、ズレて4月30日なったりします。この場合、生年月日が変わると名前の吉凶も変わりますので吉名と思って用意していた名前が凶名になる場合があります。やはり生まれてから名前を決めた方が良いのです。

 

理由その3

生まれる前に名前を決めてしまうと、名前の運勢が独り歩きするため宜しくありません。以前こんな方がいました。生まれる前に名前を決めていたのですが、とある日赤ちゃんが夢に出てきて「この名前はやめて!!」と言ったそうです。「どうしたらいいでしょう?」と相談を受け、姓名判断したところ凶名でしたし、音が良くないので、「確かにこの名前に決めないほうが良いです。生まれて赤ちゃんの顔をみてからでも十分間に合うので、生まれて決めるのが一番です」というアドバイスをしました。赤ちゃんが夢に出てきて直談判するくらいですからね!!赤ちゃんはおなかの中からちゃんと見てますよ~(^^♪

 

以上の3つの理由から、子供の名前は生まれてから決めのがベストです。

 

最後に

生まれて泣いている赤ちゃんの顔や、母親が母乳を与えている姿を見たり、父親が慣れない手つきであやしているのをみてふと「こんな名前はどうだろう?」と閃く場合もあります。あとは、実際に生まれてからの方が気持ちが入ってきますので、生まれる前と後では考え方も変わる事でしょう。その時の気持ちを、精一杯名前に反映させれば良いと思います。生まれてから出生届を出すまでに、14日間336時間あるわけですから、焦らずゆっくりお子様の名前を考えると良いと思います。最後に、究極の命名法を伝授いたします。愛情から湧くインスピレーションに勝るものはナシ」まずは姓名判断云々よりも、愛情をもってお子様の名前を考えましょう。

 

もしも、姓名判断を使った運の良いお子様の命名を希望であるとか、命名が上手くできず悩んでいますとか、忙しくて中々考える暇がありませんというお悩みを抱えているのであれば、飛鳥宗佑が姓名判断を使った運の良いお子様の名前をお作り致します。まずは、お問い合わせでも構いませんし、ご依頼でも構いません。ご相談下さい(^^♪

 

赤ちゃんの命名・名付け依頼 - 占い屋ホシゾラ

 

その他おススメの記事


◆この記事を書いた人

飛鳥宗佑

占い屋ホシゾラ代表:飛鳥宗佑(あすかそうすけ)
1981年生まれ(37歳)2人の子を持つ父親。日々「良い名前」を求め、お子様や赤ちゃんの命名の他に、ビジネスネーム、屋号名や社名の作成も行っています。占術:姓名判断、四柱推命、九星気学、擇日

 

赤ちゃんの命名・名付け依頼の申し込みはこちらから!

サービスに関するお問い合わせはこちらから!